自分に合った働き方

現在パートとして病院勤めをされている看護師は、いつの日か機会があれば常勤として働くことを夢見ている人が多いと思います。

パートの看護業務の一つ一つが常勤につながる糸口だと感じているかもしれません。
また、パートで働くほうが自分の持ち味を最大限に活かせるはずだと思っている看護師もいます。
パートが自分の人生を変える切り札だとさえ捉えているのではないでしょうか。

パートという雇用形態は、家庭環境や自身の体力など、常勤での勤務が困難な場合に選択します。
女性が働くとき、自分の夢や理想で勤務形態を選べない時がある。⇒http://working-women.infoでは、そこのところに共感できる内容がありました。

ご主人の収入に余裕があり、フルで働く必要がない。
しかし自分の人生に光明をもたらすものだと感じ、収入事情とはかけ離れた考えの人もいる。

パートという働き方を通して看護師の何たるかを知ろうとする方がいると思います。
なぜワタシは国家資格を得ているのにパートに納まってしまっているの?
本来、スキルを活かして主任であったり、指導者であったり、活躍していたはず。
ふと立ち止まっていますときがあるかもしれませんね。
悩む度に転職するわけにはいきませんから、時の流れに体を預けることも手段と考えて
ナース業務に励んで欲しい。

一日の時間を仕事以外でも活用したいという方にとっては、
パートという雇用形態は欠かすことができないと思い、可能な範囲で看護業務に関わろうとする方においても大切となる働き方なのです。
働く方の意思を尊重するためにパートがあると言えて、パートを通して社会と深く関わっていこうとする方にとっては、
パートは生命線なのです。