看護師の活躍の場は現場だけではありません

看護師は全て現場で働くべきなのでしょうか。デスクワーク中心の看護師の需要も増えつつあります。

治験コーディネイトもその一つです。新薬の認可をとろうとすると、最終的に実施しなければならないのが人体を使った治験です。製薬会社は薬をつくりますが、それを人体がどう受け付けるのかを確かめるには、医師の診断が必要です。まず、医師に治験に協力してもらえるか、試験内容を説明しなければなりません。また、同時に、治験を施すサンプルも探さなければなりませんし、説明もしなければなりません。製薬会社、病院、治験者を上手くつなぎ合わせるのが、治験コーディネイターの役目です。治験する薬によって、サンプルの条件も変わってくるため医療や看護の専門家が必要となります。

また、大企業になると、その社員の健康を管理するために産業看護師を配置する場合もあります。健康不安を訴える社員の状態を観察し、記録したり、場合によっては産業医につなげることもあります。また、感染症の季節になると、予防パンフレットや消毒液を配布したりと、健康な方への看護が主体となります。

企業に属するため、その会社の営業時間が勤務時間になります。基本的に日勤となります。企業の休みと同じ休みですので、多くは、土日が休みです。体を動かさないぶん、コミュニケーションで状況を把握していかなければならないので、コミュニケーションスキルは必要となります。特定社員のデータベース化や案内、パンフレットを自作できると重宝されますので、パソコンのスキルも一通りあったほうが業務の幅は広がるでしょう。”