看護師の夜勤を含む求人は

勤務形態で過酷と呼ばれる夜勤は、どんな業種でも現場での工夫がなされています。

例えば、食品工場ではストレッチタイムを用意している。同じ姿勢でコンベアで流れてくる商品をみていると、体の不調を訴えたり精神的なストレスが溜まりやすいという説があるからです。離職率を悪化させるより従業員に有意義な時間を使いお金を使ったほうが健全だという話しです。

他にもあります・・・ナースの場合は?

<辛い夜勤を乗り切る方法>

1、体力的な面での対策法
不規則な生活が辛いという場合は、夜勤前夜の就寝時間や夜勤前の起床時間、夜勤明けの過ごし方などを試行錯誤してみましょう。「夜勤に入ることが苦にならない」という同僚の過ごし方を参考にしてみてもいいと思います。

2、精神的な面での対策法
嫌なメンバーとの夜勤は、どう乗り切ればよいのでしょう?おすすめの方法は、自分へのご褒美を用意しておくことと、とにかく自分の仕事を黙々とこなすことです。責任の重さですが、患者さんや家族からのクレームやモンスターペイシェントへの対応法、その他問題が起こった時のマニュアルを病棟で作成しておくとよいでしょう。

基本的な体調管理の方法ですが、やはり管理の方法には個人差があるようです。自分に合う方法を模索するしかないようです。無理があるな、と思ったタイミングで休めるとは限らないので、勤務後の体の休め方が重要になることは間違いありません。勤務中に充分な仮眠が取れるとも限らないこともあり、眠ること以外で体を休める、脳を休める方法を考え、疲れが取れると言われる糖分をさっと摂取出来るような準備をしておくなど、いくつかの方法を考えておくといいですね。デスクの下に足つぼのマッサージシートを置いておくなどすると、真覚まし代わりにもなり一石二鳥の効果が狙えます。上記以外に、体調を管理する方法として、このようなことも紹介されています。

夜勤をしながら、生活リズムを整えるのは、なかなか難しいのですが、太陽光をうまく利用すると良いでしょう。太陽光には身体や頭を覚醒させたり、体内時計をリセットする働きがあります。ただ、太陽光を利用して生活リズムを整えるという方法は、あくまで体調管理の一例ですので、「眠い時には無理せず眠る」、「夜勤後は夜まで寝るのを我慢する」など自分に合った方法で体調管理をしている看護師もたくさんいます。色々な方法を試行錯誤しながら、自分に合った体調管理法を見つけるといいでしょう。

結論トシテ・・・申し訳ございません、決定打がないのです。自分でストイックにあみだすしかなく厳しい状況が続くなら勤務を変えたり日勤常勤の病院へ転職するしかありません。